So-net無料ブログ作成

京都レポート その2(龍安寺・石庭) [Photo]

皆さん、こんばんわ。京都レポート2日目になります。今日で終わりますが、ね。

午後から、石庭で有名な龍安寺へ行ってきました。

京福電車で龍安寺道駅までのんびりと・・・

龍安寺道駅で降りますと、石碑が途中にあります。

         

入り口に龍安寺の歴史が記してありました。石庭の作者は不詳とのことです。

しばらく歩きます。

 

 

そして、いよいよ石庭へ・・・・・このあたりでは、すでに興奮気味でしたw

それでは、か~な~り、ガッツリ逝かせていただきやす。

↓下の赤丸は、石群を1~5まで分けました。黄色の矢印が、眺めた方向です。(表中の例を参照してね)

↓1

↓2

↓3

↓4

↓5

↓6

↓7

↓8

↓9

↓10

↓11

↓12

石庭から裏に回ると・・・・

・・・・・↓“吾唯足知(われ、ただ、たる、をしる)”です。

以上をもちまして、石庭についてのレポは終了です。

石庭の出口に、観音様というか仁王像が祭ってありましたので、

今後の、“石組み連合”のますますの発展を祈願しました。(約1分)よろしくぅ~~↑みたいな。

 

“石組み連合”、まだまだ会員募集中ですよ~(ってか、無期限!)

以下に、会長のお言葉を示しますね。

『石組み連合という名前の会なので勘違いされてる方が居るようなので
入会条件を書いておきますね。
アクア好きなら誰でも入れて自分で係りを決められ会費無料!
これだけですのでみなさんお気楽に入会してください。
オマケで私と副会長と書記長のサッムイおやじギャグが楽しめます^^/』以上でした。

皆さん、気にいった石はありましたか?

石庭を出た後に、出口へ向かって歩くのですが、その途中にも大きな石が無造作に置いてありましたよ。

 

すこ~しばかり、皆さん、“石酔い”しませんか?

ボクはしました、爆。 最後にこの“流木”がなんだか、落ち着きました・・・

京都レポ、寂しいけれども、終わりますね。

それでは、“サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ”

 

 

 


京都レポート その1(清水寺) [Photo]

昨日から水曜日まで京都に出張してます。

昨夜は先斗町に出向いて、焼き肉を食べましたよ。

 

“弘(ひろ)”という店を先輩が予約してました。国産牛のA4~A5ランクなんていう上質な肉をたらふく、喰いました。空腹に生ビールが効いて、すっかり酔いました。そのまま部屋で爆睡。Zzz・・・

今朝は午前中に仕事を切り上げて、午後からは観光のメッカ、清水寺に行ってきました。コテコテですいません。少し小雨の降る中の散歩でしたが、かなり癒されました。マイナスイオンばりばりでした^^

看板を示します。看板の黄色→のナンバーが、そのまんま写真のナンバーになります。

↓①

 

↓②

↓③

↓④

 

↓⑤

↓⑥

↓⑦

↓⑧

↓⑨

↓⑩ 

そして、今夜は祇園の料理屋で食事をして、先程戻りました。結構、有名な店らしく、財布はスッカラカン。

明日、明後日は、(“石組み道”ぐらいの勢いでボク的には熱い)“ラーメン道”まっしぐら~、でございます、タブンね。

それでは、皆さん、おやすみなさい。また明日の夜、このくらいの時間に、お会いしましょう!

 


石組み水槽について・・・ [ネタブログ]

この記事のカテゴリーはネタブログです。なのですが、怖いモノが苦手な方はこの先を読まない方がいいと思います・・・・ネタブログとして始まるワケですが、最後は少し怖い思いを致します。

続きを読む


石組み水槽、水草植栽しました~ [Aquarium]

えっーと、しばらくの間、更新が滞ってました。
今日から3泊4日で京都に出張です。先程、浜松から京都に着いたところです。
明日から時間をみつけて、苔寺で有名な西芳寺、石組み道には避けて通れないでしょう龍安寺(2005ADAカタログ巻頭にも載っていた)、三十三間堂に立ち寄ってみようと考えています。

さて、しばらくの間、徐々に石組み水槽を育ててましたので、久しぶりに定点撮影で全景公開です。
(定点撮影は、ZERO-FACTさんの真似、ZERO-FACTさんは石組み連合の宴会係のEL DORADOのthebee-31さんの影響らしいです)
前回の公開から、盛り土の追加、石の位置の微調整をしました。
水草は前景にキューバパールグラス、中景にヘアーグラス、後景(左奥角のみ)にバリスネア・ナナを植栽しました。

左手前にバクターボールが置いてありますが、少し藍藻が発生してますorz
フィトンギット原液をスポイトで直接かけてみましたが、どうなるコトやら・・・・


今後、キューバパールグラスが“もっさもさ”になってくれることを祈ります。

名前をド忘れしていた魚はキャッスル・テトラ(wild)でした。この魚、ボク的には万天石との相性、かなりイイと思います。
綺麗に群れてくれるので、撮影もしやすいかな。

明日の朝から、かみさんに直接電話してカリウム(えっ?なんで無頼TKじゃないかって?
それは先日38brainさんのauamind laboratoryで を購入したからデスヨ。かなりお買い得です。是非、皆さんも検討してみてください。作り方も簡単でしたし・・・。)、その他の液肥を直接指示します。
植栽直後のナーバスな時期なので、奥さんひとつよろしくね。

では明日以降3日間くらいは、夜に定期的にブログ更新しますので、よろしくお願いします。

~これから、京都の夜を彷徨(さまよ)ってきます~


映画『そのときは彼に▽よろしく』 [Aquarium]

今日、映画『そのときは彼によろしく』をみてきました。
(比較的長めの動画はこちら
月曜日の朝一の上映にも関わらず、浜松の映画館は混んでました。
なぜかは分からないのですが、チケット売り場には小中学生が多かったです。
長澤まさみさんの実家が静岡の磐田にあるんで、「みんな長澤まさみのファン
なのかなぁ?」とも思いましたが、大抵は『300(スリーハンドレッド)』
に行ったようで、場内はかなり空いてました。
 
内容には触れずに、感想を述べると・・・・・
いや~、いがった。泣いた、おいおい泣いた。劇中、2~3回は泣けるポイント
があります。
一緒に見に行ったうちのかみさんも「長澤まさみって、かわいいねぇ」と言って
ました。パンフレット売り場では女子高生が「塚本君、かっこいいよねぇ~」と
仰ってました。
主演の山田君が呪文のように唱える水草の名前、ボクは心の中で・・・
「フッ、フッ、フ、オレは全部知ってるよ、ソレ!ってか、日常的に使ってる
けどね!」って、ホクソエンでました。
スクリーンにはホントに水槽が溢れてて、ADAファンいや、熱帯魚・水草
ファンには必見です。
改めて、ADAの天野社長、社員の方の新潟から東京の東宝の撮影所への水槽の
運搬等の努力に敬意を払いたいです。
どの水景も好きでしたし、いくつかは新作でしたが、見慣れたものもありましたねぇ。
ボクのADA、NA元年にこんな映画が上映されるなんて・・・猛烈に感激です。
明日発表の“ドリームジャンボ宝くじ”が当たってれば、さらに感激するでしょう。
今日のこの感動を力にして、ボクはここに宣言します。
(石組み水槽にドボンと放置していた、ヘアーグラスちゃん、ゴメンなさい。彼らを
今夜がっちり植栽しますので・・・)
・・・『いま、植えに行きます!』・・・う~ん、昇天。

Tank Data (2007/06/10) [Aquarium]

え~,皆さんこんばんわ。しばらく更新の滞ってるAqua-syndです。
前回の記事に力を入れすぎたようでして,ちょっと息切れ中です,笑。
ネタブログですが,①犬井ヒロシ→②たいがー:りー,と続く次はなんで行こうか?・・・悩み中。

石組み水槽,前面の化粧砂(ブライトサンド)を抜きまして,アマゾニア・パウダーの追加,盛り土もがっちり行きました。ヘアーグラスいまだ放置。(照明とCO2は行ってますので,ご安心を)来週にはキューバパールグラスも届くので,植栽後には皆様に披露できると思います。(植栽,きつそうですね~)
後景に何を使うか,悩んでます。エレオカリス・ビビパラではありきたりなんで,偏屈なボクはなんかないかな?と考えてます。魚は現在アカヒレが入ってますが,先日出入りのショップで候補となる魚に目をつけてきました→が,名前を忘れてしまいました,汗。WILDのきれいな固体で,カラシンかテトラ系で尻尾が黒と黄色でした。綺麗に群れてくれそうで,楽しみです。

今日は出先からなので,写真が添付できません。ブログ徘徊してましたら,リンク先のお二方から「忙しそうですね~」とコメントレス頂いたんで,「実はそうでもないんデスが~」の意味も含めて,急遽この時間からのエントリーです。

ついでと言ってはなんですが,立ち上げました石組み水槽のTank Dataを載せときます。

【Tank No2】
Aquarium Tank 

キューブガーデン・クリア 60×30×36cm 5mm

Lighting System 

ソーラーII NAランプツイン36W2灯装備  

CO2 System

ミドボン+耐圧チューブ クリア+CO2スピードレギュレーター+NAコントロールタイマー+ボールバルブ・ホワイト+Tブランチ+スピードコントローラー+逆止弁+CO2グラスカウンター+ジョイントグラス JG-001+パレングラス(すべて水草・生体ストック用GEX60水槽より移動)

Filter System 

EHEIM EF-500+パワーハウスM+バイオリオ1L+ブラックホール+メタルジェットパイプP(出水用)(水深36cm用)+メタルジェットパイプV(吸水用)(水深36cm用)

Substrate System 

パワーサンドS +アクアソイル・アマゾニアⅡ+アクアソイル・アマゾニアパウダータイプ

バクター100、クリアスーパー、ペナックW アクアリウム用、トルマリンBC

Liquid System

グリーンバクター、フィトンギット

クロルオフ、ビタミックス、リオベース

Water Condition &Treatment

Aquamind LaboratoryNO2キット,パックチェッカーNO2,パックチェッカーTH 

Layout &Maintenance Tool

プロシザース(アングルタイプ)+トリミング専用ハサミ(カーブタイプ)+プロピンセットL+サンドフラッター+プロレイザー+ADAマグネットクリーナーAタイプ+プロピッカー

Fish Food 

フィッシュフードAP-1 by APグラス

Rayout Tool 

万天石


皆様への提案&石組み道、まっしぐら! [Aquarium]

今日は、本題に入る前に皆さんにちょっと、お話があります。
ボクの友人数人がブログを訪問してくれたんですが、彼らは口をそろえて言いました。
「コメント残そうにも、出てくる言葉が難易度高くて、マニアックすぎるもんだから、コメント残せないよ〜、困」
僕らのこの世界、ココに住んでいる住人は自覚していないのでしょうが(ボク自身も含めて)、ちょっと一般ピィーポォーには敷居が高いようですねぇ。
映画『そのときは彼に▽よろしく』も公開されたことですし、一般の方がこちらの世界に迷い込むコトも十二分に考えられますね。
そこで提案があります。ここは一つ、やさしく歩み寄って、一般の方に門戸を開こうではありませんか!
たとえばですが、難しい略語は使わないようにしましょう。
そうすれば、『そのときは彼に▽よろしく』を見たギャルからの黄色いコメントが実現するかも!?ですよ。

“メタハラ”!?→こんなの、もってのほかです。きちんと“メタルハライドランプ”と言いましょう。
“ミドボン”!?→いけません、正しくは“緑(みどり)色の二酸化炭素ボンベ”ですよね。
“マトグロ”!?→論外です。きちんと“ミリオフィラム・マトグロッセンセ”と発音しましょう。
“アベニー、萌え”!?→う〜ん、惜しい、コレも不可です、AM2-aquamind 2-の38brainさん。野心達成のためには、ギャルに懇切丁寧に“アベニー・パファー”と語りかけ、この世界に引きづり込むのです。(野心達成の詳細については、AM2-aquamind 2- へGo!)
“OFP”!?→残念!駄目ですよ、Factory Style AquaのFactory-styleさん。やさしく、奏でるように、“オーバーフローパイプ”と言いましょう。(OFPの詳細については、Factory style Aqua へGo!)
いよいよ販売が近づいてますねぇ、お体に気をつけて、最後の追い込み頑張ってください。数多くのアクアリストが待ってますよん、LOVE。
“kanojyonokoto”!?→あっ、コレは可でした。かなり更新を期待してますよ、数多くのエロテロリストが、笑。
“SAS”!?→地獄行きです、何の暗号か?と白い目で見られますね。“Southern All Stars”が正解ですねぇ。

すっかり前置きが長くなってしまいましたね。実はココからが本題です。
しばらくの間、籠もっていた『石組み虎の穴』ですが、一応の終焉を迎えました。(まだ水草植栽してませんがね、汗・・・)
今回は石組みを完成させるまでに、通ってきた長い道のりに敬意を表して、“たいがー:りー風”に攻めたいと思います。
それでは早速、逝きますw。

「想像してください」・・・・・

1)
とある彼が、AJていう雑誌で見かけて憧れてた、万天子さんていう女子(じょし)に、偶然、行きつけのアクアショップで出会うワケよ〜。
ホントはすっごく好きなんだけど、シャイなのが災いして(・・・まとまったお金が無い、ともいう)、ウマク話を切り出せないわけ・・・・。
そんな時、店のマスター(・・・ショップの店長、ともいう)が2人の間を取り持ってくれて助け舟をだすわけ。
「Aqua−syndさん、前から万天子さんのコト、気になるって、言ってましたよね〜」
でも恥ずかしくて(・・・そのときは財布が空っぽ、ともいう)、彼は憎まれ口をたたいちゃうわけ。

Listen(りっすん;小声で)・・・・・・・・・・・

「まあ、前はちょっとイイかなぁ〜、とも思ってたけど、今は彼女もいるし(・・・世界水草レイアウトコンテストに応募するための流木水槽にゾッコン、ともいう)、ゴメン、興味ないんだ〜。」


2)
好きで好きでタマラなかった万天子ちゃんが、実は彼に片思いしてくれてて、誰とも付き合わずに待っててくれるわけ。
(・・・ショップで箱売りの万天石が長い間売れ残っていた、ともいう)
結局、付き合ってた彼女とも別れて(・・・レイコン水槽に手がかからなくなって、暇になったともいう)、
念願かなって万天子ちゃんと付き合うことが出来るようになったわけよ〜。(・・・必死でお金を貯めて、箱買いに成功した、ともいう)
そこでメイクアップアーチストを目指す彼は万天子ちゃんをキレイにメイクして(・・・万天石を配置して)、最後に決めゼリフを言うわけ。

Listen・・・・・・・・・・・

「今夜の君、すっごくキレイだ。・・・・でも、こうして冷静な目で見ると、なんだかボリュームが足りないよね。」


3)

「血圧上がってきたぜ〜、ウェイウェイ!」


万天子ちゃんと付き合うようになってから、少しマンネリ気味になって、彼は釣った魚にはエサをあげなくなっちゃうわけ。
(・・・レイコンで完全燃焼して、しばらく放心状態になり、石組み放置プレイ、ともいう)
そこで、万天子ちゃんは頑張って、ダイエットして、ボン!キュッ!ボン!のナイスボディーを手に入れるわけ。
(・・・偶然立ち寄った、いつもは行かないショップで箱売り万天石をバラ売りしており、ステキな親石を衝動買いしてしまった、ともいう)
すると、また彼のメイクアップ魂に火がついて(・・・レイアウト魂、ともいう)、毎晩のように万天子ちゃんを触りまくるわけ。

Listen・・・・・・・・・・・

「君は申し分のないくらいに、キレイになったし、完璧だよ。でも君をこれ以上にキレイにしてあげられる技術、今のボクにはないんだ。」


4)

いよいよ「ファイナルチューン」ですw

すっごくイイ女になって、モテモテになった万天子ちゅわん。
そこで、彼は猛勉強して、腕を磨くわけ。
(・・・毎晩のように、AJの石組みに関する記事を読みあさり、水槽に手を入れ、石をゴリゴリ動かし、水を濁らせ、底床を乱し、さらにはアマゾニアが化粧砂に侵出、ともいう)
自分の頑張れる限界まで、努力した彼は、こう言うわけよ。

Listen・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ボクの持てる限りの力で、君をきれいにしたツモリだよ。
ヒトはそんなにキレイかぁ?って、言うかも知れない。
だけど、ホントの君の姿を知ってるのはボクだけなんだ。
これからもずっとずっと君を離しはしない。髭苔に侵されたって・・・・・アイアン耳掻きでピカピカに磨き上げてやるから。」
♪〜BGM不詳〜♪

どうでしょうか?皆さん。リンリン♪、否(いな)、ビンビン↑とボクの万天子ちゃんに対する熱い気持ちが伝わったでしょうか?
皆様のボクの石組み水景に対する率直なご意見、ご感想をお待ちしています。
最後の方はすこし、いや、だいぶキモくなりましたが、司会進行上、致し方なかったと思っています。ア〜イ、トゥイマテェ〜ン。

世界水草レイアウトコンテストの結果発表まで、もうのこり2ヶ月を切りました!
それでは最後に一句詠ませて頂きます。

『はずれ馬券、結果出るまで万馬券!』(Aqua-synd)


今日は盛りだくさん!(なぜなら久しぶりのエントリーだから) [Aquarium]

昨日は子供の天竜川散策に付き添いました。もともとはボランティアのおじさん達が、子供達に川石を詳しく説明してくれるという趣旨なんですが、ボクは石組み道追求のため、『ヒトリ石組み虎の穴』に入ってます。炎天下でくたびれ、おじさんの長い話に飽きる子供達を横目に、ボクだけ真剣な眼差しでおじさんの説明に喰らいつきました、爆。

 

↑河原より天竜川を望む

 

↑河原には、石、石、石、そして石・・・・・

会の終了後、天竜川の支流の愛宕(あたご)川(天竜川の上流にあり、水の透明度も高いです)で、かみさんと子供達と川遊び。子供達はめだか掬いまくりで、大はしゃぎ。

 

↑愛宕(あたご)川

そーいえば、皆さんにお知らせがあります。ボクのリンク先の「ネイチャーアクアリウムに癒されて」のiwagumiさんが『石組み連合』という会を発足されました。もともとはiwagumiさんと(こちらもボクのリンク先の) 「ZERO-AQUA」のZERO-FACTさんの2人が石組み水槽に力を入れていたので、2人で石組み連合でも立ち上げたらど~ですか?と突っつきました。1週間くらいで話は現実に・・・。

現在のところ、会長、副会長、書記長、鑑賞係、会計係が決定してるようですが、この会に参加する明確なシバリはなく、要するにアクアに従事してれば可ですし、ポストも自分で選べます、モチのロン会費なんてナッシング。皆さん、是非参加してみてください。僕的にはCEO、大統領、外務大臣、環境大臣なんてポストがおいしいかと思ってます、笑。

すんません、脱線しました、汗。→本題に戻ります。レイコン応募の60H水槽、今朝トリミングしました。

 

↑斜めから。

 

↑いつもはあまり見ない斜め上の角度から。

この水槽は(こちらもボクのリンク先の) 「NA水草工房 ~ネイチャーアクアリウムへの道~」のhirai_masayukiさんの影響もありまして、このまま長期維持にはいります。というかですね、グリーンブライティSTEP3(成熟期用/セット後1年~)を使ってみたいという本音もありまして・・・。

最後にタチアゲ中の石組み水槽(60クリア)のことを・・・

続きを読む


レイアウトコンテスト撮影終了。 [Aquarium]

前回の記事以降のお話になります。

結局、あの夜は夜中12時から朝方5時までかかって、デコパネの準備のみでした。

昨夜、水槽購入以来の大掃除。なにがヒドイって、水槽サイドの汚れ、プロレイザーでガシガシ削りました。前から思っていたんですが、プロレイザーの柄が長すぎるんで、レイアウトを避けながら、水槽にイイ角度で刃先をあてるのが大変です。

そして今朝、撮影。

魚がいいカンジで群れてるのを写真に撮るのが一番難しかったかな。

何となく手応えのあった写真を確認して、あっさり、終了。結局10枚の撮影でした。ボクの手持ちはSonyサイバーショットの800万画素コンデジですんで、まあこんなもんでしょう。正直、ここ数日の疲れも貯まっており、たくさん撮影する気力も残ってませんでした、笑。

ホントは大きく載せて、皆さんの意見を聞いてみたいところですが、いちおう決まりもあるんで・・・少しだけ。

 

これからこの画像をメール応募です。

この60Hのタチアゲは11月でした。(はじめてのADA水槽でした。)最初の旬は2月頃。そのときはもちろん、画像残ってなし。このあと4月の終わりにブログを初めて、レイコンに応募しようと考えはじめ、5月はいろいろとプチリセットしました。

昨年の9月に夏祭りの夜店の金魚から始まったボクのアクアライフ、そのひとつの区切りにはなったような気がします。

 

というわけで、今夜からはAqua syndrome 第2部の幕開けです。

立ち上げた石組み水槽が放置されています。あれから石組みについてしばらく考えてみました。いまいち迫力に欠けてるんで、もう一度組み直す予定です。水草はヘアーグラスが2ポット、水槽のなかにブチ込んであります。こいつらも植栽しなければ・・・・来週にはキューバパールグラスが届く予定です。

昨夜は水槽のコケに恐れをなして、(BICOMだけじゃ満足出来ず)最強バクテリアB-4も外部濾過フィルターに投入してみました。

そして、先ほど職場に待望のブツが届きました。

初のaquamind laboratoryさんの商品(亜硝酸測定キット)です。以前ECO PROJECTに賛同していたので、購入することが出来て嬉しいです。

また石組み水槽完成したら、お披露目したいと思います。

最後になりますが、今回のレイアウトコンテストに挑む上では、リンク先の皆さんのやり方を参考にさせて頂き、ホントにスムーズに事を進める事が出来ました。自分ひとりでやっていたら、閉塞感もあったろうし、簡単に煮詰まっていたように思います。さらには、たくさんの応援のコメントまで頂いて、ホント、コンテスト参加を楽しめたように思います。

皆様に感謝の意を表すると共に、今後ともAqua syndrome -volume 1- をよろしくお願いします。 


これから真夜中のレイコン準備だす [Aquarium]

う~ん、レイコンの締め切り近し!さっき(夜中0時)、帰宅したばかりですし、明日は8時から仕事~。

こうやって記事エントリーしなきゃ、おいらの性格からして爆睡→レイコン適当、の図式は確実でしょう。

というわけで、今夜これからイロイロ準備っすw。

みなさん、学生の頃を思い出して下さい。試験前になると、まずは自分の机を片付けませんでしたか?そして、本屋に参考書を買いに行くわけです。そして帰宅後、その参考書をドッサリ机にキレーに並べるんだ、これが。もうココまでやれば、いうことアリマセンね。So~~~,なんだか勉強し終わったような奇妙な充実感と倦怠感に襲われ、そのまんま眠りについちゃう。そして爆睡し、ノー勉で当日の試験にノゾむ!あなたはそんな輩じゃなかったかもしれない。でもボクはそんなちょっとお茶目なナイスガイだったんですw。

これから並ぶ写真に、そんな甘酸っぱい学生時代を彷彿(ホウフツ)とさせる空回りの気合をカンジてもらえたら、幸いです。

↑ADA Tシャツを着ながら・・・・・

↑ねじり鉢巻をして・・・・・

デコパネを切るべし、切るべし、切るべし・・・・・そして夜は更けていく・・・・・

あっ、その前にプロレイザーで水槽のオソウジしなきゃー、ねぇ。

 

撮影は明後日の朝。気泡の付く前の、葉が開ききったピークを狙って、激写!

 

(追加記事)

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。